タイミングマーク

すくい打ちが癖になってる。
スライスが治らない。飛距離が伸びない。
そういう方、必見!!

タイミングマークをボールの飛球線後方に置いて、ボールを打ちに行かず、タイミングマークを払い打つ事で、ボールをストレートに捉える(捕まえる)事が出来ます。
最初はティーアップしたボールに意識がいきますが、繰り返しの練習や素振りをする事で違和感なく正確にショットできます。

弊社ゴルフレッスンコース受講生の声です。

① 最初はボールにまともに当たりません。
② タイミングマークだけが飛んで行く。
③ 右にボールが飛ぶ。
④ ちゃんと当たっても、引っかかる。

しかし!
タイミングマークを使って、1時間ほどレッスンすると、真っ直ぐロフト通りの弾道で飛ぶようになりました。

それはなぜか・・・

①② すくい打ち矯正が出来なかった。

繰り返しタイミングマークだけ素振りをすることで解決しました。

③ 右にボールが飛ぶのは、まだやっぱりボールを意識して、身体が突っ込んで打っていたからです。

タイミングマークだけを意識して、腕の力を抜いて身体を残す目印にしたら、身体がボールの後ろに残るようになります。すると芯に当たって、低いフォロースルーになりました。

④ あまりにもダウンブローを意識して 腕の力が入って 手首を返すからです。

腕の力を抜いて体幹を回転することイメージで 打ってください。
回転の軸は、タイミングマークです。

タイミングマークの欠点

  • 打ち込みすぎたり、すくい打ちすると、タイミングマークが外れて跳んでいく
  • 打ち込みを意識しすぎると、フックやチーピンになる
  • 練習場で使用できない
  • 試合で使用できない

タイミングマークの効果

  • インパクトポイントがボールの後方になるので、フェースが開かない
  • ボールを捕まえるようになる
  • 頭がボール後方に残る
  • 打ち込んだり、すくい打ちが改善される
  • ボールを打つ意識が消え、素振り感覚で、振り抜くようになり、フォローが大きくなる。
  • よって、ヘッドスピードが減速する事なく、飛距離が伸びる

結果

タイミングマークだけの素振りを繰り返し行うだけで、ヘッドスピードが落ちず捕まった打球になります!!
素振り感覚で打つのが、難しいんですね。

73歳です。スライスの悩みが解決しました。

ただ今制作中!9月発売予定!

今までありそうで、なかった商品です。
ご購入宜しくお願い致します。

 

タイミングマーク 2本セット
(商標登録申請中)(実用新案取得)

送料無料1,330

※消費税(10%)込み。
※スマートピット(ローソン、ファミリーマート、ミニストップ)からの支払いで手数料無料。
※銀行振込は振込手数料お客様ご負担でお願い致します。

【ご注意】試合では使用出来ません。
プライベートゴルフで、ゴルフ練習場かコースでは使えます。